Gallery/Peneplain

Peneplain

Approximately it has been 4.6 billion years since the Earth was formed. All lives on the Earth has continued changing.Imagine the enormous time,the length of time even feel like the same moment of the time to blink a thousand years. I can imagine that the high mountains or the small mound are eroded in the same way  and towards to the plane.

The human beings are also in the natural circulation.

We seem to create something special in a long  term, but it is not true actually. Our creations are very crumbly, fragile and insecure like a sand hill by the sea. Our life is short, time  flies like an arrow. Even in the huge concrete chunks  and  it  will lose their shape or function, then it will go away in anytime.

Heraclitus said that "Everything flows and nothing stays...you can't step twice into the same river." The encounter is a moment of change.

 

Shooting is observing the human act  and act of the Earth.

Observing what was made for someone's work and knowing what force acts that will imagine  how the things go to  change.

Longing for the future, I imagine that if there were nothing on the Earth. Exceeding  the time, I can think about the future and the past.

 

I called that the "Peneplain" means all things are changed and becoming  flat. As well  as the Earth, the "Peneplain" is the heart of the person becomes flat. All  aims at the "Peneplain".

I feel that everything goes toward to the "Peneplain".

 

Gallery

  PeneplainThe concept of the peneplain that I think about includes a human act.

経1の一
経5の一北東

 

 

  Gallery/Peneplain

準平原

地球が形成されておよそ46億年の歳月が流れているとされています。

地球上にある全てその間絶え間なく確実に変化し続けていて、その膨大な時間を想像すると、千年の時間も瞬きする一瞬も同じような時の長さにあるようにさえ感じます。

それはそびえ立つ高い山も小さな砂山も平等に侵食され平面に向かっている姿を僕に想像させます。

 

人の行為も自然循環のなかにある。

我々は積み上げ、囲うことで人独自の時間を作りあげている様にも観えるがその時間は短く海辺に作りあげた砂山のように脆く崩れやすい。

大きなコンクリートの塊でさえいずれ時が過ぎその形を失っていき、機能を失いやがて何もなくなるでしょう。

ヘラクレイトスの考えたように万物は流転していて、私たちを取り巻く全ては留まることはなく、出会うものは変化の一瞬の姿でもあるといえます。

 

撮影することは人の行為、大地の行為を観ることです。

何者かがその機能の為に作りあげたものをつぶさに観察し、どの様な力がどう作用し作られたのかを知ること、それは変化していく有様を想像することでもあります。長い時を思い、今有る物が無くなった大地を想像することで時間の観念を超えその空間の未来または過去を観ることができると考えます。

全てが変化し平坦になっていく状態を僕は「準平原」と言っています。

また、大地だけでなく人の心までが平になっていくことも準平原だと僕は考えています。

全ては準平原を目指しているのです。