螺対数螺旋配置図

               螺対数螺旋配置図は螺というシリーズで制作した作品59点を

               重ね合わせ、織りあげるように作品としたものです。

 

               59点の各作品は一つ一つを真っ白な紙の上に置き、適切と思

               われる場所を特定します。

               特定した場所には図に表すために、その場所を示す縦横の数

               字と東西南北の方向を与えます。

               与えた数字と方向はそれぞれの意味をもちます。

               その意味合いを含め縦横の数字と東西南北の方向を各作品の

               タイトルとしました。

 

               タイトルを元に各作品を一つの図に配置します。

               配置した作品は撮影時に感じたイメージである対数螺旋に沿っ

               て大きさを変えています。

               渦の外側は図に収まらずはみ出し、逆に中心点に向かうほど点

               の様に小さく表わされます。

               ひとつ重ねる度に黒の領域は増え、個々の作品は埋もれ見え

               なくなり、螺旋配置図として完成されます。

 

               重なりが増える度に漆黒に染まり、形をなくし、写真は写真とし

               ての表現を失います。

               しかし重ねた深い黒には静かな力があり、色だけではない何か

               を私は感じます。

               それは何処までも広がり何処までも狭められる。或いは一瞬で

               ありながら、歳月をも観る。

               螺旋状に繋がった様は空間と時間を内包し、ひとつの銀河とし

               て宇宙に渦巻いている様にも観えます。

               一つ一つの作品から個々が定着した時間を感じ、重ねた黒の

               なかに一つの世界が感じられるのではないかと考えています。

 
               大山友輝

  • 12配置

    12配置

  • 38配置

    38配置

  • 偶数配置

    偶数配置

  • 素数配置

    素数配置

  • 東方配置

    東方配置

  • 北方配置

    北方配置

  • 螺対数螺旋配置図

    螺対数螺旋配置図

 

 

 

    

Ra / Peneplain

It was the 11th of March, at exactly 14:46 and 18.1 seconds, when the 2011 Tohoku Pacific Ocean Earthquake occurred in the Sanriku Coast region of the Pacific Ocean, its epicenter at a depth of approximately 24 kilometres, about 130 kilometres to the southeast of the Ojika Peninsula. The hypocentral region extended about 200 kilometres in width and 500 kilometres in length, an offshore zone of one hundred thousand square kilometers from Iwate Prefecture to Ibaraki Prefecture.
This magnitude 9.0 earthquake caused a large tsunami that hit the southern Sanriku Coast region in Iwate Prefecture as well as Miyagi Prefecture and Fukushima Prefecture in northern Hamadori, before travelling about 6 kilometres inland. With a maximum height of 40.1 metres, the wave caused enormous damage in the Pacific Coast region of the Tohoku area.

 

I used to visit this coastal region very often to take pictures, it was here that I created several photographic works. When I took those photographs, I realized that the region was much better prepared for a tsunami than other regions in Japan.
The reason is to be found in the characteristics of the region, where a number of tsunami have struck the area again and again throughout its history. But when I saw pictures of how even the well protected landscape here had been destroyed by the tsunami, I felt an inescapable fear that every region in Japan could be swallowed by waves.

 

After the earthquake, when I revisited the destroyed areas for the first time, I felt extremely shocked.    I had never before had a comparable experience with which todescribe my impressions. It looked like an area just after a bombing raid, and it was impossible for me to express all of the intense destruction. When I saw everything surrounded with heavy and heart-rending wreckage, I got the feeling that all the survivors and the victims who lost their lives still could not accept this reality in which all significance had flowed away. Facing the suffering landscape, I remembered the pictures of the tsunami I had seen on television and had a frightening feeling, as if the tsunami were pouncing on the land one more time. When I saw the destroyed town I felt unable to release the shutter of my camera. All I could do was remain standing there.

 

Half a year passed by, and when the coastline was covered by heaps of rubble assembled from the surrounding areas, I felt finally able to take my pictures of the destroyed land.  Of course everything that I had photographed before had disappeared when the sea took the land, razing every object, leaving only the pure ground.

Even the seawalls that covered the coastline like fortresses looked like the remains of ruins, as if waves had continuously washed away the earth since ancient times.
People say a tsunami of this scale occurs only once in one thousand years. I think that one wave in a thousand years destroyed more than even the erosion of one thousand years could erase.

 

 

It is said that 4.6 billion years have elapsed since planet Earth was formed.
Since then, everything on Earth keeps on changing steadily without any pause, and if I imagine the span of one thousand years within this enormous lapse of time, it seems no longer than an eye twinkling for a moment, and makes me imagine the powers of erosion reducing lofty mountains as well as small sand hills to the level of the plain ground.

 

 

Now, after the destruction caused by the tsunami, day by day people use their own hands and time to change the place, as if erecting a fortress to complete in their own lifetime. But, in the whole duration of planet Earth, sooner or later even huge chunks of concrete will lose their protective function as well as their shape. Thinking in the long term, all the things surrounding us will not stay forever, and every encounter seems to be no more than one short moment of change. The things made by mankind are nothing more than a part of this natural cycle.

 

 

Photography is a medium with which to see human actions as well as natural processes. Detailed observation of created objects, knowledge about the nature of forces and how they impact objects, is also a way to imagine our continuously changing circumstances. To show the process of everything on earth changing into plain ground and to present to our era the memory of eternities in one short moment, I chose the title Peneplain to complete my photographic works. To imagine how objects disappear in time, how everything will follow this way, is what my works are made for.


“Peneplain is the aim of everything.”

 

Regardless of the painful experiences they’ d had, the earthquake victims I met spoke to me about their respect for nature and that day’ s incident. This felt like a memory of bitterness that will never fade. All I can do is to preserve that memory in my works.
I hope that people’ s aching hearts too will find their “peneplain” of calm and peace.

 

Yukio Oyama

 

 

 

  螺/Peneplain

 

 

 

 

    

 

 

  螺/Peneplain

 

2011 年3 月11 日14 時46 分18.1 秒、牡鹿半島の東南東約130km 付近の太平洋(三陸沖)の海底、深さ約24km を震源として2011 年東北地方太平洋沖地震は発生した。震源域は岩手県沖から茨城県沖にかけての幅約200km、長さ約500km およそ10 万平方キロの広範囲に亘った。 地震の規模を示すマグニチュードはMw9.0、地震によって大規模な津波が発生。最大で海岸から6km 内陸まで浸水、岩手県三陸南部、宮城県、福島県浜通り北部では津波の高さが8m ~ 9m に達し、最大溯上高40.1m を記録するなど、震源域に近い東北地方の太平洋岸では、高い津波が甚大な被害をもたらした。


この沿岸は私が以前より撮影していた地域であり、いくつかの作品も作っていました。この地域を撮影して感じていたことのひとつに津波に対する地域の取り組みが日本における他の地方より強固であること。それは古来より津波の多い地域特性が根付いているということでした。
しかし強固と考えていたこの地域が津波により呑み込まれる映像にまるで日本の全てが波にさらわれてしまうほどの逃げ場のない恐怖を私は感じた。


初めて被害をうけた現場をみた時は強いショックを受けた。私自身には形容出来る体験が無かった。爆撃された後というのが私が感じたものに近い気がするがあまりにも広く激しい破壊に適切な表現とは言えない。見るもの全てが重たく悲痛な残骸に包まれ、今、生きてるものも、
命を奪われたものも、全てのものが現実をまだ受け止められずにいる気配がながれている様に私には感じられた。被災した現場を前にしながら、テレビで見た大津波の映像がフィードバックして、新たな津波が今この場に襲いかかってくる様な恐怖も感じた。破壊された街を前にシ
ャターをきることもできず、ただ立ち尽くすことしか出来ませんでした。


被災から半年が過ぎ、周辺から集められた瓦礫の山が海岸線を埋め尽くすようになってからやっと被災現場を撮影することができました。もちろんそこには私が以前撮影していたものは無く、その場所は海になっていたり、なぎ倒され、平らな大地が広がっていた。海岸線を覆って
いた要塞の様な防波堤は、古代遺跡の残骸の様にところどころ残され、太古から続く波が大地を洗い流していました。この津波の規模を人々は千年に一度と言う。
千年に一度の波は千年分もの侵食をももたらしたのではないかと私は考ています。


地球が形成されておよそ46 億年の歳月が流れているとされています。地球上にある全てはその間絶え間なく確実に変化し続けていて、その膨大な時間を想像すると千年の時間も瞬きする一瞬も同じようなときの長さにあるようにさえ感じます。それはそびえ立つ高い山も小さな砂
山も平等に侵食され平面に向かっていく姿を僕に想像させます。   津波の被害にあった現場は人の手により人の時間の中で、日々大きく変化し要塞のように積み上げ、囲うことで強固な人独自の時間を作り上げてようとしています。しかし、地球という長い時間のなかでは、大きなコンクリートの塊でさえ、いずれは機能を失いやがて形もなくなるでしょう。長いときのなかでは私たちを取り巻く全ては留まることはなく、出会うものは変化の一瞬の姿でもあるといえます。 人が作り上げたものも自然循環のなかに含まれるのです。


撮影することは人の行為、自然の作用を見ることです。つくられたものをつぶさに観察し、どの様な力がどう作用しつくられたのかを知ること、それは変化していく有様を想像することでもあります。全てが変化し平坦になっていく過程、この時代に見せる一瞬の形を記憶し永遠の
時間を与えること、それを私は準平原とよび、作品を作り上げています。時間をかけて消えていく姿を想像し、全てはそこへ向かっていく姿を撮影した作品なのです。

「全ては準平原を目指している」

出会った被災者の方々は、震災による辛い体験を受けたにもかかわらず自然への畏敬の念を持
ち、その日の出来事を私に話しかけてきてくれた。それは消えることのない辛い記憶のように
感じられた。私に出来ることは、それらをも作品として記憶し残していくことだけです。
傷ついた人の心も準平原に向かっていくことを願っています。

大山友輝朗